親から子へ引き継がれていく建物

何度か増改築されている複雑な建物。
店舗仕様になっていた内装を、住居スペースへと
『コンバージョン+リノベーション』した。
リノベーションのコンセプトは
『ラフヴィンテージ モダンスタイル』
居心地の良いさりげない古さと、
スタイリッシュな箱・空間へと
ペイントリノベーションをしていく。

外壁は、サッシなどを入れ替え
既存サイディングの上から塗り壁にし
フラットな外壁へ。まわりの屋根やその他
塗りものを、つや消しのブラックでペイントし
モダンスタイルな外観へと生まれ変わらせた。
内装は必要最低限な解体で終わらせ、人が
生活するうえで必要な断熱などの機能性のみをプラスし、
ラフヴィンテージな空間へとつくりあげていく。
天井には、既存のジプトンの上から
ヴィンテージウッドホワイトをはり、
木の温かささ優しさを空間につけたしていった。

空間全体の壁は、既存の壁や新規でつくった壁なども
メンテナンスを考えペイントで仕上げている。
キッチンまわりの壁は、木造住宅ではあり得ない
コンクリート風のペイントで仕上げていて、
キッチン背中の壁はデザインコンクリートでブロックを表現。
その他、床やドアなども空間に合わせて全てペイントしている。

私たちのリノベーションは、使用できるものがあれば
それを蘇らせる方法を入念に考える。
今回は、玄関わきに設置されているヴィンテージ風の
ガラスサッシ。このサッシは、以前店内の窓として
使用されていたサッシで、これを継ぎ足して
新たにインダストリアルなアイアン風のサッシへと蘇らせた。

その他、家具などのつくり物も全てオーダーで制作していて、
オンリーワンのものをコストを抑えながら制作している。
2階に上がるとロフトスペースがあり、
2階のコンセプトは『小屋裏部屋』
壁一面に、デザインコンクリートによって石積みを表現し、
まわりの天井などは落ち着きのある
ネイビーグレーのペイントをしてある。
構造的に斜めになっている壁があり苦戦した部分もあったが、
うまく形状を活かしお施主様のライフスタイルに合う
住居へと生まれ変わらせた。

HOUSE RENOVATION


  • 【 施工前 】